生まれつきの性格って結構違うものなんですね

ここ数年、身近な友人たちの出産ラッシュで赤ちゃんやちょっと大きくなった子どもたちを見る機会が多くなってきました。当たり前ですが、みんな生まれてすぐの時から表情や体格が違っていて、個人差って結構あるんだなあと思わされたのですが、それ以上に驚いたのは性格とでもいうべき部分も結構違っていた事でした。生まれて数週間した子どもの親にどんな子なのか聞いてみると、全然泣かない子もいれば泣きすぎて機嫌をとるのに疲れるという子もいますし、1,2歳にもなるとその差は大きくなって、ずっと大人しく積み木をするのが好きな子や黙ってられず走り回るのが好きな子もいるようです。子どもの性格というのは両親の教育が大きな影響を与えるものだと思っていたので、生まれてすぐにここまで個人差が出るという事にとても驚かされました。こんな事を考えているうちに自分がどんな子どもだったのか気になりはじめて両親に聞いてみると、どうやらおとなしくて静かに何かをしているような子どもだったらしいです。そんな子が今では逆に喋りすぎてうるさいといわれることがあるんですから、人生ってどうなるかわかりませんねえ。http://www.ropro.co/hadaniyasashii.html